微妙に働きの違うグルコサミンとコンドロイチン

グルコサミンとコンドロイチンには違いがあるでしょうか。
この2つを同時に摂る事で相乗効果がありますし、それぞれの効果の良いトコ取りになるでしょう。

 

グルコサミン
天然アミノ糖の一つで軟骨を再生する効果がありますので、関節の痛みを和らげてくれます。主にエビやカニの殻に含まれているのが、このグルコサミンです。

 

コンドロイチン
関節痛を和らげる効果がありますが、どちらかと言うとイメージ的には軟骨を保護する働きです。

 

両方それぞれ効果に違いはありますが、両方同時に摂る方が最も効果的な効果をもたらしてくれます。

 

グルコサミンはコンドロイチンの原料な働きもしていますし体内にもともと存在していますが、年齢を重ねると段々減少して行ってしまいます。ですからグルコサミンが減少すると、関節痛を発症してしまい健康に大きな影響を及ぼしてしまいます。

 

同じ様な働きをするので、グルコサミンもコンドロイチンも同じ物と思われがちですが、全く別なものなのです。効果の違いをきちんと理解して、自分の症状に合った方を摂取しましょう。

 

どちらの成分も関節通に効果があるという事ですのでより効果的になるのは、相乗効果を狙って両方摂取した方が良いのかもしれません。グルコサミンとコンドロイチン、どちらも体にはとても良い効果をもたらしてくれる成分です。