医薬品として認可されているグルコンEXの信頼性は高い

体の中に入れるものですから、その信用性や信頼性は気になるところですよね。果たしてグルコンEXの信頼性は大丈夫なのでしょうか?

 

グルコンEXは第3類医薬品に指定されているので、サプリメントと違って信頼性は国のお墨付きです。サプリメントは食品の扱いなので、国が何かしらのガイドラインを定めている訳ではありません。しかし医薬品となると話は別になります。

 

厚生労働省の管轄の元で厳格なガイドラインを設け、膨大な検査をクリアしないと医薬品として認可されません。つまり、決定的にサプリメントと医薬品ではそもそもの信頼性が大きく異なります。

 

繰り返しになりますが、サプリメントはメーカーが定めている独自の基準でしか信頼性は図れません。一方で、医薬品であるグルコンEXは国の機関である厚生労働省のお墨付きという事なので、サプリとの信頼性の違いは明らかです。

 

また、グルコンEXに使用されるコンドロイチンは、国内生産のコンドロイチンを使用していますので安全性に関しても、安価な外国産のものではないので安心です。そして富山県の製薬会社で製造から品質管理までを徹底的に管理しているので、安全で高品質な商品を供給する体制は万全といえます。

 

グルコサミンやコンドロイチンの安価なサプリメントも最近では薬局で沢山見かけるようになりましたが、その信頼性については不透明な部分が多いです。安いもの全てが悪いとはいえませんが、医薬品と違ってサプリメント業界は国の基準が定められていないためにグレーな部分も多いので、私たち消費者自身が商品の信頼性や安全性について注意する必要があります。