グルコンEX錠にはどんな効果がある?

日本薬師堂の「グルコンEX」は、テレビCMや新聞の広告などでも目にする事が多く累計販売数が240万本という大ヒット商品ですが、いったいどんな効果があるのでしょうか。まずはその効果について解説します。

 

年齢とともにひざ、肩、腰が動くたびに痛みを感じる事はありませんか。
立ったり座ったりするとひざが痛んだり、腕が上がらなかったり、腰が痛くて歩きづらかったりしませんか。

 

その原因は関節にある軟骨成分の摩耗なのです。
こうした関節痛の多くは40代から急増するという事がわかっています。グルコンEX錠は第三類医薬品ですので、服用する事によって辛い関節痛や神経痛を内側から治していきます。100%国産製品ですので安心して摂取する事が出来ます。

 

グルコンEXは3つの有効成分が効果的に働きます

@コンドロイチン
弾力性や保湿性を与えてすり減った軟骨などの痛みの原因に作用し、症状を緩和してくれます

 

AビタミンB1硝酸塩
痛みの緩和に効果を発揮する

 

Bガンマオリザノール
自律神経に作用し痛みを緩和します

 

サプリメントは健康補助食品ですので病気にかかりにくい体にする為の予防という側面が強いものですが、医薬品はかかってしまった病気を治すものです。
つまり、既に何かしらの症状(関節の痛みなど)が出ている場合には、予防の為のサプリメントではなく、グルコンのような医薬品を選んだほうが効果的ということです。

 

痛みから解放されたいのなら、グルコンEXを積極的に摂取して、歳をとって動きが悪くなった関節の痛みを取り除きましょう。
関節の痛みというのは日常生活を送る上で非常に大きなストレスとなりますよね。痛みにしっかりと効いてくれるので、早く元気でストレスの無い生活に戻れるということから、グルコンEXが多くの人から支持されているんですね。

 

圧倒的なリピート率と医薬品の信頼感・安全性

グルコンEXの大きな特徴は、リピート率が非常に高い点が挙げられます。

 

効き目を感じる人が多いからこそリピート率が高くなるわけですよね。その背景には、市販のサプリメントとは大きく違い「医薬品」として国から認可されている点が大きいです。厚生労働省の厳しいチェックをパスしなければ、医薬品として販売することはできません。

 

そして医薬品は今ある症状の緩和に直接働きかけるので、効果を感じる事ができます。対してサプリメントでは「予防」の意味合いが強く、症状の緩和という面では医薬品には敵いません。

 

サプリメント=症状の予防
医薬品=症状の緩和

 

こうした大きな違いがあるので、関節痛に悩んでいる多くの方にグルコンEXは支持されているんですね。